ウソつきにならないで 〜の効果

A ウソをつかないで

B ウソつきにならないで

 

どちらの表現がより効果が強いのか?

こんなことを調べた研究があります。

 

『脳はなにげに不公平』

池谷裕二著、朝日新聞出版

 

この書籍に

最新研究論文を元にした記述があり

ここに「やせる秘密」

のヒントがありましたので

内容を引用しつつ、ご紹介します。

 

「・・・犯罪者はなぜ

犯罪を犯すのでしょうか。

・・・この時の心理は

「本来の自分は善良なのだが、

今回ばかりは特別だ」

と心に蓋をしている状況です」

 

「「本当の人格」と「実際の行動」

は別物であるとして

犯罪に走る自分を

心理的な安全圏に

避難させるわけです。」

 

先ほどのABを、

ダイエットに置き換えてみます。

 

A 筋トレをサボっちゃダメ!

B 筋トレをサボるような人になっちゃダメ!

 

Aは

実際の行動に対する否定で、

Bは

人格に対する否定です。

 

Aは人格は否定していないので、

本当はデキる人間なのだけど、

今だけはちょっとオマケして・・・

という言い訳、甘えが許されてしまいます。

 

Bは人格を否定されるので

ショックが大きい気がしますよね。

 

つまり、人格・あり方

に働きかけることで、

より心を動かし、

行動を変えやすいと言えます。

 

見方を変えると、

行動を変えるには、

まずは

「人格・あり方を変える覚悟」

が必要だ、と言えるかもしれません。

 

筋トレを継続したければ、

自分に向けて誓う言葉としては、

A 週2回、筋トレをしよう!

よりも、

B 週2回、筋トレをする人間になろう!

の方が効果的、と言えます。

 

逆に、人格・あり方を変える覚悟なしに

行動を変え、新しい習慣を身につけるのは

難しいでしょう。

 

いつでも素敵なボディラインを維持し、

または、快適な身体を維持し

行きたい時にどこでも行ける

そんな素敵な身体を手に入れるには、

素敵な身体を

私は自分でケアしながら

自分で維持する

そんな人間に、私はなる!

と決意するだけです。

 

決意は一瞬でできますね。

変わりたい人は、

今決意し、変わりましょう!

 

ちなみに冒頭の、

A ウソをつかないで

B ウソつきにならないで

どちらの表現がより効果が強いのか?

 

 

もちろん答えはBです。

 

紹介した書籍の著者、池谷裕二さんは

専門分野の難しい脳の話を

わかりやすく解説する本を

ユーモアと優しさを交えて、

多数書いておられます。

とってもオススメ!

ご興味ありましたら是非一度!

https://amzn.to/2Pev0P6

 

*このブログは

 メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

 いち早く読みたい方は

 こちらより「会員登録(無料)」

 をお願いいたします。

会員登録キャンペーン
個別矯正のご予約
体操教室のご予約
お電話でのご予約は070-6600-0139
メールマガジンの登録
背骨コンディショニング協会

脊柱管狭窄症だけでなく、腰痛・猫背・足のしびれ…体操マニュアルの決定版。

13万部突破のベストセラー

Amazon・紀伊国屋など有名書店で1位を獲得!