骨盤とは

骨盤とは良く言われますが、どのようになっているのでしょうか?

まず、全体を右斜め後ろから見た感じです。

赤や青で塗られているところは、筋肉などの付着部を示しています。

 

このうち、骨盤だけを取り出して、後ろから見るとこんな感じです。

「仙骨」真ん中の逆三角形の骨。

 背骨の土台にある骨。

 この上に腰椎が乗っています。

「寛骨」両サイドの、蝶の羽のような骨。

 

写真にはありませんが、これらの骨は靱帯でつながれています。

強力なテープで骨と骨を何重にも固定して、動かないようにしているイメージですね。

その骨と骨の継ぎ目(関節)は3つあります。

前からの写真で説明しましょう。

「仙」骨と「腸」骨をつなぐ部分が「仙腸関節」。

後ろからの写真で言うと「寛骨」と仙骨をつなぐ関節、という事になります。

寛骨は「腸骨」「恥骨」「坐骨」の3つの骨からなります。

仙骨とくっついている部位が寛骨のうちの腸骨の部分ですので、仙腸関節という名前になっています。

 

前で寛骨同士がくっついているところが「恥骨結合」。

これも寛骨の中でも「恥骨」同士がくっついているので、この名前のようです。

 

さて「骨盤矯正」と言いますと、世の中には数多の方法が出回っています。

この骨盤全体を前傾(腰を反らせる)したり、後傾させたりするだけの方法も出回っています。

本当に骨盤矯正をするのであれば、この仙腸関節もしくは恥骨結合のズレを矯正しなければ、本当の歪みを取る事にはならないハズです。

 

この方法は本当に効果があるのか?

と迷った時には、この「仙腸関節」に対するアプローチや説明があるかどうかが見極める鍵になるでしょう。

 

ちなみに、私の行っている「背骨コンディショニング」では

仙腸関節の矯正を行うと、「ゴリゴリ」という音が出て明らかに動く実感があります。

現代医学では不動関節と言われていますが、動く、という前提でアプローチを行うと、

体操や矯正・姿勢に対する考えが180度変わって来ます。

 

ブログランキングに登録しています。

お手数ですが、1日1クリックにご協力お願いいたします。

会員登録キャンペーン
個別矯正のご予約
体操教室のご予約
お電話でのご予約は070-6600-0139
メールマガジンの登録
背骨コンディショニング協会

脊柱管狭窄症だけでなく、腰痛・猫背・足のしびれ…体操マニュアルの決定版。

13万部突破のベストセラー

Amazon・紀伊国屋など有名書店で1位を獲得!