2019年

10月

07日

背骨コンディショニングスタジオのHPができました!

全国の背骨コンディショニングスタジオが検索できるサイト

背骨コンディショニングとは?

背骨コンディショニングでどうして調子がよくなるの?

どんなことをするの?

どこで受けられるの?

どんな人が教えてくれるの?

などなど、

背骨コンディショニングに関する疑問に

何でもお答えするサイトが完成しました!

http://sebone-studio.com/

病気・症状に関するページも充実

腰痛

肩こり

股関節痛

膝痛

脊柱管狭窄症

歩行時の痛み

ランニングの痛み

・・・などなど

よくある症状の原因と

どのように対処したら良いのか

詳しく解説してあります。

気になる症状がありましたらぜひご覧ください!

http://sebone-studio.com/?cat=12

 

*HPの完成に伴い、

こちらのHPに掲載しておりました

「申込・インストラクター紹介」

のページは新HPへ引越しいたしました。

LINEにご登録(無料)いただければ、

ブログの更新情報をいち早くお知らせいたします!

友だち追加

↑スマホの方はこちらをタップ

またはQRコードを読み込んでください。

 

整体ランキング

0 コメント

2019年

9月

22日

正しい運動を教えてください

秋と言えば・・・

食欲の秋!

そう、何でも美味しくてつい食べ過ぎますよね・・・

じゃなくて(笑)

 

やっぱりココではスポーツの秋でしょう。

ラグビーのW杯も大変な盛り上がりを見せ、

 

プロ野球のペナントレースも佳境を迎えています!

いつでも誰にでも「正しい」運動は、ない

体操教室をやっていると

「正しい」運動を教えて、とよく聞かれます。

 

おそらく

「正しい」型があってその通りに行うことが

最も大切で効果的!という

イメージをお持ちなのでしょう。

 

しかし運動に関して言うと

何が「正しい」かは

その時の身体の状態と

目指すところ

によって変わります。

 

考えてみれば

長年マラソンなど身体を動かしてきた人と

40~50年何もしてこなかったカチカチの人

これからもゴルフやテニスを続けたい人と

とにかく普通に歩けるようになりたいと言う人

同じ運動が適切なはずがありません。

 

もちろん基本の考え方や

トレーニング原則はあります。

しかし体調や骨の歪み、

関節や神経の硬さなどは

朝と夜で違うくらいですから

運動もコレ!と決めつけすぎず

身体の状態と目指すところによって

柔軟に変えるべきだと思います。

「足回し」でも身体の状況によってベストな方法は違う

例えば足回しなら、

仙腸関節をゆるめることが目的。

その方向がブレていなければ良いので、

腰を反らせると痛くて固い感じがする場合には

クッションをお腹に入れる方法で行うと楽でしょうし

股関節の調子がいまいちという時には

両足カエル足で縦に糸巻きする方法で

より股関節に効かせたり

とアレンジするのもいいでしょう。

 

筋力トレーニングなら

ターゲットの筋肉を疲労困憊させることで

初めて速筋線維が動員され、強く太くなります。

 

10回3セットやって、

まだ疲労感がさほどでもない、という場合には

1~2セット追加で行なっても構いません。

軽い負荷でも筋トレ効果が出るかも?!

ちょっと横道にそれますが・・・

新たなエビデンスでは

筋肥大するかどうかは

1週間の総負荷量の影響が一番大きい

というデータも出ています。

 

「総負荷量」と言うのは

持ち上げる重量×回数のこと。

例えばバックキック10kgで10回×2セットなら

総負荷量は、10kg×10×2=200kg

重量を半分にして回数を倍に、4セット行うと、

5kg×20回×4セット=400kg

と総負荷量が上がるので、

重量が半分でも効果は高まる可能性があります。

 

どうしても重い負荷でやると腰が痛い

と言う場合には

「疲労困憊までやる」と言う条件付きですが

背骨コンディショニングで

普段お勧めしている方法とは少し変えて

軽めに、数を多めのトレーニングでも

もしかすると効果が期待できるかもしれません。

アドバイスを受けながら柔軟に運動を選びましょう

話が極端な例になりましたが

身体のことはまだまだ謎がいっぱいで

人によって違うことも多いので

そもそも何が「正しい」のかさえも

分からないことが多いもの。

 

目指すところを向きながら

今の身体にとってベストな

体操のレシピを探すつもりで

柔軟に取り組んでいってください。

 

迷った時にはアドバイスします。

いつでもご相談ください!

ちなみに先月より

LINE アカウントを開設しました。

 

 不安な時、気軽に疑問やご質問ができたり

トレーニングを忘れている時に

ハッと思い出すキッカケになったり

そんなツールになれればいいな、と思っています。

 

ご登録をお待ちしております! 

 

参考:

STRENGTH AND HYPERTROPHY ADAPTATIONS BETWEEN LOW- VS. HIGH-LOAD RESISTANCE TRAINING:ASYSTEMATIC REVIEW AND META-ANALYSIS

2017, BRAD J. SCHOENFELD, 他

 

*このブログは

メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

いち早く読みたい方は

こちらより「会員登録(無料)」

をお願いいたします。

また会員登録をされると、

矯正のご予約がWEB上で可能になる他、

前日にリマインドメールが届き便利です。

 

LINEにご登録(無料)いただければ、

ブログの更新情報をいち早くお知らせいたします!

友だち追加

↑スマホの方はこちらをタップ

またはQRコードを読み込んでください。

うまく登録できない時には

@964xrszw

にて検索をお願いします。

 


整体ランキング

0 コメント

2019年

9月

03日

神経は押しても引っ張っても同じ!

大変贅沢な勉強会に参加させていただきました♪

先日、参加させていただきました勉強会

講師は脳神経生理学を専門とされ

長年脳科学の最先端の研究を続けられてきた、山口和彦先生。

 

特別背骨コンディショニングのインストラクターを対象に、

3日間にわたり、非常にわかりやすく

特別講義をしてくださっただけでなく

背骨コンディショニングの講座にも参加してくださり、

我々の考えも理解した上で、

背骨の歪みが神経の伝導に影響を与え、

痛みが出る可能性を考察してくださいました。

 

神経は

押しても痛みが生じるのと同様に

引っ張っても痛みを感じる可能性がある!

 

背骨コンディショニング協会の主張を

専門家の視点から可能性を示してくださいました。

 

神経の表面には機械的刺激を感知するセンサーがある

 

そもそもなぜ神経は

押しつぶされる(圧迫される)と

痛みを感じるのでしょうか?

 

もちろん痛覚を伝える神経の末端は

身体中に張り巡らされています。

 

そしてこれらの神経の表面には

機械的刺激を感知するセンサーがあり

このセンサーには扉のようなものがあり、

普段はそれが閉じています。

 

神経を圧迫すると、その表面が部分的に引き伸ばされ

閉じている扉が周囲から引っ張られて開きます。

 

ナトリウムイオンが流れ込み、スイッチがONになると「痛み」が伝わる

この時に

神経細胞の外にあるナトリウムイオンが、その開いた扉から中へ入り込み

別のナトリウムイオンの通り道も次から次に開き

スイッチがONになります。

 

ONになると神経に電気信号が流れ、

「痛み」の信号を脳へ伝えます。

 

神経細胞の表面では、押しても引っ張っても同じことが起こっている!

 

ポイントは神経を圧迫すると

神経の表面が実は「引き伸ばされ」て

センサーの扉が開き、

スイッチがONになると言うこと。

 

つまり純粋に神経を左右から引っ張っても

扉が開いてスイッチがONになる可能性がある、

と言えます。

 

ミクロのレベルで見ると

押しても、引っ張っても、

同じことが起こっていると考えられるのです!

 

背骨コンディショニングの神経牽引理論

続きを読む 0 コメント

2019年

8月

01日

慢性腰痛に効果的な治療法は?!

腰痛治療に対するエビデンス、実はとても少ない!

世の中のことは

論文という形でその根拠を示さなければ

なかなか認められないのが普通ですが

こと腰痛治療に関しては

論文やエビデンスがない治療が

とても多いことで有名です。

 

前回の

ぎっくり腰は冷やすか温めるか

という問題もしかり。

*前回のメルマガはこちらから

https://www.sebone221.com/2019-07-01/ 

背骨コンディショニングでのお勧めはキツめの筋トレ

今回は

慢性腰痛に有効な運動

に関しての研究の話です。

僕は毎日、慢性腰痛の方に

会わない日はありません。

 

そして、

背骨コンディショニングの

 

ROM運動

-これは関節の可動域を広げる運動

 

そして筋力トレーニング

-特殊なものもありますが、

基本は出来るだけ強度の高いもの

 

をお勧めしています。

 

強度が高い方が良い理由は

背骨がズレないよう

正しい位置で支えるには

ある程度の強度が必要

という考え方からですが、

きちんと継続されている方は

ほぼ改善していますので

まず間違いないと

確信しています。

慢性腰痛にはやっぱりキツめの筋トレが効果的!

先日読んだ論文で

理学療法と

マシンのトレーニングと

エアロビクスを比較して

どれが一番効果的か?

というものがありました。

 

結果は・・・

「どれも同じ」

 

そんなバカな!

と思い、内容をよく確認しました。

 

すると

エアロビクス

と書かれたグループレッスンの中身は

 

最初の10-20分が

ストレッチと

ローインパクトのエアロビクス。

 

次に20-30分かけて

体幹部と脚の筋トレ、

と書かれています!

 

最後の15分はクールダウン。

 

・・・これエアロビクスか?

 

ほとんどエアロビクスは

ウォーミングアップの扱いです。

 

しかもこの「エアロビクス」と

称して行なったレッスン中

一番多く20-30分かけて行なった

体幹部と脚の筋トレは

参加者に合わせて

回数や難易度を上げていった

と書かれています。

 

さらに実際のデータでは

マシントレーニングを行なったグループが

やや改善の度合いが高く出ています。

 

これを見ても、

やはり強度の高い筋トレの方が

効果が高い!

との確信を深めることができました。

 

現在キツイ思いをしながら

筋トレを頑張っている皆様、

自信を持って継続してください!

ただしキツめの筋トレは正しい方法が大切。

ただ、強度の高いトレーニングは

方法を間違うと

怪我をしたり

逆に身体を痛めるリスクもあります。

 

ぜひしっかりと専門家から

身体に無理のない

効率的な方法を学んでください。

我々も、いつでもサポートいたします!

 

続きを読む 0 コメント

2019年

7月

01日

ぎっくり腰は冷やす?温める?

前回

「ギックリ腰で安静にすると・・・」

という話を書きましたが、

同様に

「ギックリ腰の時には冷やした方が良いですか?」

という質問もよく受けます。

 

冷やすか、温めるか。

一般的には

ケガや外傷などの急性期には冷やす

慢性痛やコリの場合には温める、

と言われます。

ではギックリ腰はどうでしょう?

 

以前、あるインストラクターさんからお聞きした話を紹介します。

その方もかなり著名な方ですが、

さらに日本で最前線を走る

お医者さんやトレーナーさんなどが

一堂に集まる会議の期間中に

ギックリ腰になったそうです!

 

周りの先生達は

普段から腰痛などの治療に携わっている方ばかり。

さて、アドバイスは

「冷やせ」か「温めろ」か、

どちらだったと思いますか?

 

何と答えは

意見が真っ二つ!

だったそうです。

 

もう誰の顔を立てれば良いか

途方にくれたそうですが(笑)

それだけギックリ腰や

腰痛に関する考え方や

治療にあたっての理論には

確立されたものがないのだと感じます。

 

冷やしても、

その後、冷やすのをやめた時には

収縮した血管が拡張し、

冷やす前よりも血流が良くなるので、

結局は冷やしても温めても効果は同じ

という先生もいます。

 

背骨コンディショニングの考え方から

冷やすか、温めるか、を考えますと

僕は圧倒的に「温める」をオススメしています。

 

前回お伝えしたように

ギックリ腰は急激に仙骨や腰椎が歪み、

そこから伸びる神経が急激に引っ張られ、

その結果神経自体も拘縮し、

神経の通り道にある筋肉も拘縮します。

 

温めた方が神経が緩みますし、

一緒に拘縮した筋肉も緩むので

関節を動かしやすくなります。

 

少しでも動かせるようになれば

緩め体操や

自分で矯正する体操ができるようになるので

その体操でまた少し楽になります。

 

炎症を抑えるために冷やすというメリットよりも

上記の通り、長い目で見ると

緩めて、骨の位置を早く矯正した方が、

結果的に回復が早い気がします。

 

人間の身体のことはまだまだ謎も多く、

必ずしも全てのギックリ腰に

当てはまらないかもしれませんが

一つ言えるのは、

普段から緩め体操や筋トレをしているだけで

ギックリ腰になりづらく、

回復がとても早くなりということ。

 

やはり普段からのケアで

いざという時に大きくさが出る、

ということです。

 

まだ背骨コンディショニングを体験していない方は

ぜひお近くの教室へご参加ください!

 

ぎっくり腰の対処法がわかる

腰痛解決講座(テキスト・仙骨枕付き)は

8/23(荻窪)9/16(甲府)10/27(府中)に開催予定。

指導者を目指す方もぜひどうぞ。

*ご希望の日付をクリックしてください。

 

*このブログは

 メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

 いち早く読みたい方は

 こちらより「会員登録(無料)」

 をお願いいたします。

 

整体ランキング

 

ぎっくりさんの必須アイテム。

仙骨枕とセラバンド。

これらの使い方と対処法をしっかり学べるのが腰痛解決講座です。

理論と実技をみっちり3時間で習得して、テキストと仙骨枕のオマケ付きで5,400円。

とても充実したお得な講座です!

0 コメント

2019年

6月

12日

ぎっくり腰で安静にすると・・・

「ギックリ腰で安静にすると回復が遅くなる」

 

という情報は、

背骨コンディショニング に関わっている我々には

今さらそんな記事を・・・?というくらいの常識ですが、

一般にはまだまだ知られていませんよね。

 

Forbes Japan のウェブ版で4/27に

そんな記事がアップされていました。

 

そこには、

「ベッドでじっとしていると(中略)・・・

腰を支える筋肉が衰えて痛みが起きやすくなります。

また血液の流れが悪くなって

「痛み物質」がとどまりやすくもなります。」

と説明されています。

 

確かに背骨コンディショニングでも

ギックリ腰で安静にすると回復は遅くなる

とは考えていますが、

その理由は上記とは異なります。

 

この記事は腰痛診療のガイドラインや

引用元の論文が紹介されていますが、

上記の理由の部分に関してだけは

その根拠となる引用元の論文が記されていません。

おそらく記者さんが他からの情報や

ご自身の考えを書いたものなのでしょう。

 

背骨コンディショニング的に解釈すると、

ギックリ腰のほとんどは

急に背骨が歪んだことが原因なので、

緩め体操や矯正の体操などで

背骨を正しい位置に戻す運動をした方が良い。

また動かした方が神経がゆるみ、

伝導が良くなるのでラクになる

と考えています。

 

実際に、

ギックリ腰の方も背骨を矯正すると

その場でかなり動けるようになります。

また靭帯の痛みが残る場合も

2~3日で楽になることがほとんどです。

 

矯正を受けられない場合も

筋トレ(の動き自体で痛みが出なければ)

や緩め体操をやると

その後は楽になることが多いのです。

 

できれば痛みの出ない普段から

筋トレ習慣をつけるのが一番だとは思います。

 

何より、歪ませない筋力をつけること!

暖かくなっていますので、

取り組みやすい季節になってきました。

 

お近くの教室や矯正に、ぜひご参加ください!

 

引用元:

「突然の激痛「ぎっくり腰」早く治すには?

 科学で検証された「最良」の方法」

https://forbesjapan.com/articles/detail/26913

 

*このブログは

 メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

 いち早く読みたい方は

 こちらより「会員登録(無料)」

 をお願いいたします。

 

整体ランキング

0 コメント

2019年

6月

12日

背骨の日報告

先日お知らせいたしました、

背骨コンディショニング荻窪スタジオで行われました

背骨の日のイベント、無事終了いたしました。

グループ体操・矯正体験、合計のべ65名のお客様にご参加いただき

経費を除いて30,075円を

背骨コンディショニング協会を通じて

ワールドビジョンジャパンへ寄付させていただきました。

 

ご参加いただいた皆様

ならびにお声かけなどご協力いただきました皆様

誠にありがとうございました。

 

残念ながらご参加いただけなかった皆様、

予約が一杯で来られなかった皆様、

また来年、どこかで開催いたしますので

ぜひ楽しみにしていてください!

 

整体ランキング 

0 コメント

2019年

4月

29日

やせるには運動を○○○すること!

東京はやっと暖かくなってきました。

特に薄着の季節にはダイエットしないと!

と思う方も多いでしょう。

 

体づくりは時間がかかるものなので

夏になってから始めては間に合いません。

どのくらい身体を変えたいかによりますが、

始めるなら通常は今がギリギリのタイミングです。

 

「やせる」ためには、根本は

脂肪を減らすことが必要です。

 

前回まで自律神経を整える話を書きましたが

脂肪を燃焼して減らすには

自律神経のうち、

交感神経がしっかりと働く必要があります。

 

運動をすると交感神経の末端から

アドレナリン、ノルアドレナリン、といった

ホルモンが放出され、

脂肪が、筋肉が使える形へと

変換されてゆきます。

 

そして交感神経が活発に働くと

身体をリラックスさせる副交感神経も

合わせて働きやすくなります。

 

前回・前々回と

身体の外側から、内側から

副交感神経を働かせる方法を紹介しました。

 

背骨コンディショニングの

仙骨を整える体操、

頸椎を整える体操、

どちらもとても有効です。

 

それに加え、

「運動を習慣にすること」も、

とても有力な方法だと言えます。

 

膝の痛い人がよくお医者さんから

「体重を減らしなさい」と言われますが

僕は体重を減らすのではなく、

筋肉を増やすことをお勧めしています。

 

多くの場合、

筋トレを続ける方が

体重を減らすよりも簡単だからです。

 

膝が痛くないお相撲さんはたくさんいますし、

逆に体重が軽い膝痛の人もたくさんいます。

 

筋トレ習慣をつけるうちに

筋肉量が増え、自律神経も整って、

痩せやすくなるという可能性も十分あり得ます。

 

暖かい時期に向け、

ぜひ一緒に筋トレ

本気でスタートしませんか?

3ヶ月、本気で取り組めば

効果を感じ始めることができます!

 

「習慣にする」ために

背骨コンディショニングの

体操教室・個別矯正も

ぜひご利用ください!

 

5/4(土)15:00~

グループ体操筋トレ編

ダンスフィットスタジオATにて開催します!

詳しくはHPをご覧ください。

 

*このブログは

 メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

 いち早く読みたい方は

 こちらより「会員登録(無料)」

 をお願いいたします。

 

整体ランキング

0 コメント

2019年

4月

09日

自立神経を内側から整えるテクニック

前回は神経を

内側から整えるテクニック

→背骨の矯正

外側から整えるテクニック

→神経の通り道を筋トレ・ストレッチ

どちらも効果的という話を書きました。

 

自律神経を外側から整えるテクニックについて

『スタンフォード式最高の睡眠』

の内容を紹介しました。

忘れた方は前回のメルマガをご覧ください。

今回は自律神経を内側から整えるテクニックについて書きます。

 

自律神経は

主に興奮した時に働く交感神経と

主にリラックスした時に働く副交感神経

の二つからなります。

 

自律神経というと

精神的な影響が大きい、

とイメージがありますが

実際には電気のコードのように

脳や脊髄から各臓器に

自律神経の神経線維がつながっています。

 

良い睡眠を取るには

もちろん副交感神経が

正常に働くことが必須。

 

交感神経は胸椎と腰椎から

副交感神経は主に延髄と仙骨が

その出処となっています。

 

なので、副交感神経を

内側から整えるなら

延髄に近いところにある

首のコンディショニングが

有効と言えそうです。

 

首ゆるめ

仙骨枕で首を矯正

そして首の筋トレ

などなど。

 

また胸椎の上部がずれていて

首全体につながる

交感神経の伝導に

影響を及ぼすこともあるので

 

胸椎上部を押し込む

四つ這い運動

仙骨枕の運動

なども有効です。

 

首が歪むと

首こり・肩こりだけでなく

頭痛・めまい・耳鳴り

そして

自律神経の異常と

関わる症状は多岐に渡ります。

暖かくなり始めのこの時期

 

気候の変化に身体がついてゆけない

そんな方は

首・胸椎上部の運動

ぜひお試しください!

 

*このブログは

 メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

 いち早く読みたい方は

 こちらより「会員登録(無料)」

 をお願いいたします。

 

整体ランキング

1 コメント

2019年

3月

03日

スタンフォード式最高の睡眠

あなたは毎日どのくらい寝ていますか?

 

夜眠れない、何度も起きてしまう、

というお声もよく聞きます。

 

一方、ナポレオンは3時間睡眠

僕も見習ってショートスリーパーを目指す!

と一時期頑張っていましたが

昼間眠すぎて作業効率が落ちてしまいました。

 

結果的に

起きている時間が長くても

それ以上にあらゆる作業時間が長くなり

新たに時間を生み出すことはできず

結局いつも眠いかナチュラルハイかどちらか。

よく風邪をひいていたのも関係あるかもしれません。

 

『スタンフォード式最高の睡眠』には

「短時間睡眠は遺伝である」とした

『Science』の論文が引用されています。

 

その上で時間ではなく

「質の良い」睡眠、

特に最初の90分の重要性と

そのためのテクニックが書かれています。

 

例えば・・・

入浴は就寝90分前

寝る直前ならシャワーか足湯

靴下は履かないで寝る

そば殻まくら

毎日睡眠時間を固定する

その時間の前にはうたた寝しない

夜の冷やしトマト

夜のブルーライトはカット

朝の光と熱めのシャワー

などなど・・・

 

これらは

自律神経を外からの刺激で整えるテクニック

と言えるでしょう。

 

自律神経に限らず

腰痛や膝痛を引き起こす足の神経も同様。

 

多少背骨が歪んで神経の伝導異常があっても

その神経沿いを筋トレやストレッチし、

外から刺激することで

伝導をある程度正常に近づけることは可能です。

 

逆に歪んでいなくても

無茶な使い方をすれば

痛めるのも当然。

 

次回はこれを睡眠に置き換えて、

もう少し考えてみたいと思います。

お楽しみに!

 

*引用*

『スタンフォード式最高の睡眠』

西野精治著

https://amzn.to/2D53KK0

 

*このブログは

 メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

 いち早く読みたい方は

 こちらより「会員登録(無料)」

 をお願いいたします。

 

整体ランキング

0 コメント
会員登録キャンペーン
個別矯正のご予約
体操教室のご予約
お電話でのご予約は070-6600-0139
メールマガジンの登録
背骨コンディショニング協会

脊柱管狭窄症だけでなく、腰痛・猫背・足のしびれ…体操マニュアルの決定版。

13万部突破のベストセラー

Amazon・紀伊国屋など有名書店で1位を獲得!