2021年

9月

10日

『脊柱管狭窄症を自力で治す!背骨コンディショニング』 MOOK本付き特別ZOOMレッスン&オンラインLIVEレッスン体験のお知らせ

大好評につき異例の重版となったMOOK本付きZOOMレッスン、あなたも体験しませんか?

 

■内容

  • レクチャー:脊柱管狭窄症とは?なぜ治る?
  • 検査:あなたはどのタイプ?
  • 症状別体操1:腰痛・腰を伸ばせない人の体操
  • 症状別体操2:足のしびれ・間欠性跛行の人の体操
  • 症状別体操3:背中が丸くなる・猫背の人の体操

 

■日時

  • 9/20(月・祝)19:00 〜21:00

 

■申込受付

  • 9/11(土)10:00~

 

■講師

  • 藤井聖司(背骨コンディショニングスペシャリスト・健康運動指導士。『脊柱管狭窄症を自力で治す!背骨コンディショニング』共同監修)

 

■コース

①オンライン・プレミアム(Facebookライブ)お試し付:2,000円

②オンライン・プレミアム・プラス(専用WEBサイト)お試し付:2,000円

③オンライン・プレミアム会員限定コース書籍なしコース:無料

 

■定員

  • ①・②合計10名 ③10名

 

■詳細・申込 *必ずお読みください*

 

①オンライン・プレミアム(Facebookライブ)お試し付:2,000円

  • Facebookライブ「オンライン・プレミアム」9月末までお試し視聴付き。
  • 書籍はご入金確認後、ご自宅へ郵送されます。

*オンライン・プレミアムはお申出がなければ10月以降は月額コース1,078円へ自動継続されますが、お試し視聴のみでの退会も可能。(退会締切:9月末退会→9/30まで、10月以降→毎月20日まで。)

 

 

【申込】

メッセンジャーアプリにて藤井まで「9/20参加希望」とご連絡ください。

折り返しご入金方法・詳細ご連絡いたします。

 

②オンライン・プレミアム・プラス(専用WEBサイト)お試し付:2,000円

  • 専用WEBサイト「オンライン・プレミアム+(プラス)」の9月末までお試し視聴付き。
  • 書籍はご入金確認後、ご自宅へ郵送されます。

*オンライン・プレミアム+(プラス)はお申出がなければ10月以降は月額コース5,500円/月で自動継続されますが、お試し視聴のみでの退会も可能。(退会締切:9月末退会→9/30まで、10月以降→毎月20日まで。)

*3ヶ月以上継続される場合、今回限りの特別キャンペーン2,000円/月で退会されるまでご継続いただくことも可能です。

*今回は通常のプレミアム+(プラス)入会特典のベーシックBOOKプレゼントはございません。

 

【申込】

藤井の公式LINEにご登録いただき「9/20参加希望」とご連絡ください。

折り返しご入金方法・詳細ご連絡いたします。】

↓公式LINE↓

友だち追加

↑こちらから追加↑

 または LINE ID @964xrszw で検索

 

③オンライン・プレミアム会員限定コース書籍なしコース:無料

  • 「オンライン・プレミアム」「オンライン・プレミアム+(プラス)」の会員様は無料でご参加いただけます。
  • 書籍は付きません。
  • すでに書籍をお持ちの方は、オンライン・プレミアムにご入会の上こちらのコースからお申込ください。*オンライン・プレミアム詳細はこちら

 

■その他

□ZOOMレッスンに出られない場合、録画のみの参加も可能。

□録画は「オンライン・プレミアム」「オンライン・プレミアム+(プラス)」にシェアされます。

□ZOOMレッスンに参加される方は、ご自身のお姿が映り込む場合がございますので、ご了承の上、ご参加ください。 

*このブログは

メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

いち早く読みたい方は

こちらより「会員登録(無料)」

をお願いいたします。

また会員登録をされると、

矯正のご予約がWEB上で可能になる他、

前日にリマインドメールが届き便利です。

 

LINEにご登録(無料)いただければ、

ブログの更新情報をいち早くお知らせいたします!

友だち追加

↑スマホの方はこちらをタップ

またはQRコードを読み込んでください。

5 コメント

2021年

2月

21日

【ぎっくり腰】対処法ズバリ!TOP3

前回は「ぎっくり腰が起こる原因」のTOP3をお届けしました。

前回記事は →こちら←

 

今回はその対処法です!

ポイントは固まらないようにすること

前回記事でお伝えしているように、

根本的な原因は

「急激に仙骨・腰椎がズレる」

ことと、

それにより周囲の

関節・靭帯・神経・筋肉が固まってしまうこと。

 

なので、

お勧め第3位は、固まらないように

温める

です!

 

レンジや電気で温めるホットパックのような物を利用してもいいですし、タオルを濡らしてビニール袋に入れ、レンジでチンした蒸しタオルでも十分です。

 

外出する場合はホカロンを貼るのもいいと思います。

 

続きを読む・・・

 

*このブログは

メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

いち早く読みたい方は

こちらより「会員登録(無料)」

をお願いいたします。

また会員登録をされると、

矯正のご予約がWEB上で可能になる他、

前日にリマインドメールが届き便利です。

 

LINEにご登録(無料)いただければ、

ブログの更新情報をいち早くお知らせいたします!

友だち追加

↑スマホの方はこちらをタップ

またはQRコードを読み込んでください。

0 コメント

2021年

2月

01日

ぎっくり腰の原因ズバリ!TOP3

こんにちは。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。

前回は寒い時期に起こる「冷え症」についてお届けしました。

 

前回の内容はこちら

「放っておくと怖い【冷え症】」

さて今回は・・・ 

 

【ぎっくり腰…一体何が起こっている?】

 

「ぎっくり腰(急性腰痛症)は、腰部に突然疼痛が走る疾患」(by Wikipedia)だが、実はハッキリした原因や対処法・治療法についての統一見解はない。

実際引用元のWikipediaでも「この記事には複数の問題があります」と注が付いているほどだ。(2021年1月現在)

 

立ち上がれないほどの腰痛が突然起こり、自分の骨がどうにかなってしまったのでは?!と不安で病院に行っても、多くの場合「骨には異常ありません」と言われ、様子を見ましょうと、湿布や痛み止めを渡される方がほとんど。

痛みの原因は何ですか?と聞いてもハッキリした答えは返ってこない。

 

「年のせいで骨が変形している」「脊柱管が狭窄している」「ヘルニアが出ているのが原因」「無理をして腰に負担がかかったのでしょう」など、それらしいことを言われるケースもあるが、骨は長年かかって少しずつ変形してきたはずなのに、痛みは突然起こる。

こうした説明では納得できる方は少ないだろう。

 

背骨コンディショニングでは、原因は以下の3つと考えている。

 

続きを読む・・・

本文は →こちら←

*このブログは

メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

いち早く読みたい方は

こちらより「会員登録(無料)」

をお願いいたします。

また会員登録をされると、

矯正のご予約がWEB上で可能になる他、

前日にリマインドメールが届き便利です。

 

LINEにご登録(無料)いただければ、

ブログの更新情報をいち早くお知らせいたします!

友だち追加

↑スマホの方はこちらをタップ

またはQRコードを読み込んでください。

0 コメント

2020年

11月

10日

ウォーキングで足の痺れが治る?!

【運動に炎症を抑える効果!】

脂肪組織内や血管など体内の組織で慢性炎症が起こり続けていると

  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • がん

をはじめとした生活習慣病の原因になるそうです。

こうした炎症を引き起こす物質の放出を抑える方法として、確実に言えることがあります。

 

続きは↓「続きを読む」をクリック!

・・・続きを読む

 

「続きを読む」には

「膝痛の原因は膝じゃない?!」動画レクチャーも見られます。

・・・続きを読む

*このブログは

メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

いち早く読みたい方は

こちらより「会員登録(無料)」

をお願いいたします。

また会員登録をされると、

矯正のご予約がWEB上で可能になる他、

前日にリマインドメールが届き便利です。

 

LINEにご登録(無料)いただければ、

ブログの更新情報をいち早くお知らせいたします!

友だち追加

↑スマホの方はこちらをタップ

またはQRコードを読み込んでください。

0 コメント

2020年

2月

02日

個別指導をオススメする3つの理由

咳が出て、喉が腫れて、熱っぽい…あなたならどうしますか?

ナンバーさんによる写真ACからの写真

前回はぎっくり腰について

なぜ起こる?

もし起こったらどうすれば良い?

ぎっくり腰にならないために一番大切なことは?

と言った内容について書きました。

https://www.sebone221.com/2020-01-07/

 

しかし冬はぎっくり腰だけでなく

インフルエンザも危険な季節。

そして今、猛威をふるっているコロナウィルス。。。

咳が出て、喉が腫れて、熱っぽい…

あなたはそうなったら、どうしますか?

診断してから処方するのが本来は一番の近道

FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

僕は病院嫌いなので…

暖かくして、栄養を摂って

汗だくでとにかく寝る!

(大量の洗濯物は妻にお願いして…)

 

ただ本来であれば、

病院で診察してもらい、

その結果に沿った処方をしてもらうもの。

 

特に今時期はもしコロナウィルスだったら!

と気が気じゃありませんよね…。

 

しかし実際は僕のように(?)

栄養を摂ってゆっくり休むだけで

自然治癒力が働き、治ります。

根本原因の、

抵抗力・免疫力が落ちていることが

改善されるからです。

軽い腰痛なら良くなってしまうことが多い、背骨コンディショニングや仙骨枕の基本の体操!

続きを読む 0 コメント

2020年

1月

07日

ぎっくり腰にならない方法

「魔女の一撃」と呼ばれるぎっくり腰が多い季節…

今年もやってきました。

ギックリ腰の季節(笑)。

 

と書くと、

花粉やウィルスみたいですが…

 

寒さに加え、

忙しさやストレスもたまり

飲み会が増えて

結果的に身体のケアが後回しに

とどめは年末年始の大掃除や

引越し・片付けなどで

 

「グキッ!」

 

と、本当に多い話です。

 

ぎっくり腰は仙骨や腰椎が急激に歪んだ時に起こる!

その正体は神経・筋肉・靭帯などの痛みが同時に襲ったもの

寒い時期は、

神経も筋肉も固く縮まりやすくなります。

 

背骨コンディショニングでは

固まっている仙骨や腰椎が

何かのきっかけで急激に歪むと

そこから伸びる神経の

張り・痛みが出るのはもちろん

その周辺の筋肉や靭帯も

急激に引っ張られると考えます。

 

そして

神経・筋肉・靭帯や関節面など

いくつかの痛みが同時に

起こるのが、

ギックリ腰のメカニズムだと

考えています。

 

寒いからと、身体を丸めがち…その姿勢も腰の歪みを引き起こす

前回、頚椎・胸椎上部の歪みと

腕や自律神経の症状との関わりについて

配信しました。

 

寒い時期は特に、

首と肩を前に出して、

身体を丸め込んでしまいがち。

 

するとバランスを取るために

仙骨・腰椎は後ろに

ズレやすくなってしまいます。

 

背骨コンディショニングの

個別矯正を毎日行なっていると、

首や自律神経のトラブルが多い人は

腰も歪んでいることが

実はとても多いことに気づきます。

 

続きを読む 0 コメント

2019年

8月

01日

慢性腰痛に効果的な治療法は?!

腰痛治療に対するエビデンス、実はとても少ない!

世の中のことは

論文という形でその根拠を示さなければ

なかなか認められないのが普通ですが

こと腰痛治療に関しては

論文やエビデンスがない治療が

とても多いことで有名です。

 

前回の

ぎっくり腰は冷やすか温めるか

という問題もしかり。

*前回のメルマガはこちらから

https://www.sebone221.com/2019-07-01/ 

背骨コンディショニングでのお勧めはキツめの筋トレ

今回は

慢性腰痛に有効な運動

に関しての研究の話です。

僕は毎日、慢性腰痛の方に

会わない日はありません。

 

そして、

背骨コンディショニングの

 

ROM運動

-これは関節の可動域を広げる運動

 

そして筋力トレーニング

-特殊なものもありますが、

基本は出来るだけ強度の高いもの

 

をお勧めしています。

 

強度が高い方が良い理由は

背骨がズレないよう

正しい位置で支えるには

ある程度の強度が必要

という考え方からですが、

きちんと継続されている方は

ほぼ改善していますので

まず間違いないと

確信しています。

慢性腰痛にはやっぱりキツめの筋トレが効果的!

先日読んだ論文で

理学療法と

マシンのトレーニングと

エアロビクスを比較して

どれが一番効果的か?

というものがありました。

 

結果は・・・

「どれも同じ」

 

そんなバカな!

と思い、内容をよく確認しました。

 

すると

エアロビクス

と書かれたグループレッスンの中身は

 

最初の10-20分が

ストレッチと

ローインパクトのエアロビクス。

 

次に20-30分かけて

体幹部と脚の筋トレ、

と書かれています!

 

最後の15分はクールダウン。

 

・・・これエアロビクスか?

 

ほとんどエアロビクスは

ウォーミングアップの扱いです。

 

しかもこの「エアロビクス」と

称して行なったレッスン中

一番多く20-30分かけて行なった

体幹部と脚の筋トレは

参加者に合わせて

回数や難易度を上げていった

と書かれています。

 

さらに実際のデータでは

マシントレーニングを行なったグループが

やや改善の度合いが高く出ています。

 

これを見ても、

やはり強度の高い筋トレの方が

効果が高い!

との確信を深めることができました。

 

現在キツイ思いをしながら

筋トレを頑張っている皆様、

自信を持って継続してください!

ただしキツめの筋トレは正しい方法が大切。

ただ、強度の高いトレーニングは

方法を間違うと

怪我をしたり

逆に身体を痛めるリスクもあります。

 

ぜひしっかりと専門家から

身体に無理のない

効率的な方法を学んでください。

我々も、いつでもサポートいたします!

 

続きを読む 0 コメント

2019年

7月

01日

ぎっくり腰は冷やす?温める?

前回

「ギックリ腰で安静にすると・・・」

という話を書きましたが、

同様に

「ギックリ腰の時には冷やした方が良いですか?」

という質問もよく受けます。

 

冷やすか、温めるか。

一般的には

ケガや外傷などの急性期には冷やす

慢性痛やコリの場合には温める、

と言われます。

ではギックリ腰はどうでしょう?

 

以前、あるインストラクターさんからお聞きした話を紹介します。

その方もかなり著名な方ですが、

さらに日本で最前線を走る

お医者さんやトレーナーさんなどが

一堂に集まる会議の期間中に

ギックリ腰になったそうです!

 

周りの先生達は

普段から腰痛などの治療に携わっている方ばかり。

さて、アドバイスは

「冷やせ」か「温めろ」か、

どちらだったと思いますか?

 

何と答えは

意見が真っ二つ!

だったそうです。

 

もう誰の顔を立てれば良いか

途方にくれたそうですが(笑)

それだけギックリ腰や

腰痛に関する考え方や

治療にあたっての理論には

確立されたものがないのだと感じます。

 

冷やしても、

その後、冷やすのをやめた時には

収縮した血管が拡張し、

冷やす前よりも血流が良くなるので、

結局は冷やしても温めても効果は同じ

という先生もいます。

 

背骨コンディショニングの考え方から

冷やすか、温めるか、を考えますと

僕は圧倒的に「温める」をオススメしています。

 

前回お伝えしたように

ギックリ腰は急激に仙骨や腰椎が歪み、

そこから伸びる神経が急激に引っ張られ、

その結果神経自体も拘縮し、

神経の通り道にある筋肉も拘縮します。

 

温めた方が神経が緩みますし、

一緒に拘縮した筋肉も緩むので

関節を動かしやすくなります。

 

少しでも動かせるようになれば

緩め体操や

自分で矯正する体操ができるようになるので

その体操でまた少し楽になります。

 

炎症を抑えるために冷やすというメリットよりも

上記の通り、長い目で見ると

緩めて、骨の位置を早く矯正した方が、

結果的に回復が早い気がします。

 

人間の身体のことはまだまだ謎も多く、

必ずしも全てのギックリ腰に

当てはまらないかもしれませんが

一つ言えるのは、

普段から緩め体操や筋トレをしているだけで

ギックリ腰になりづらく、

回復がとても早くなりということ。

 

やはり普段からのケアで

いざという時に大きくさが出る、

ということです。

 

まだ背骨コンディショニングを体験していない方は

ぜひお近くの教室へご参加ください!

 

ぎっくり腰の対処法がわかる

腰痛解決講座(テキスト・仙骨枕付き)は

8/23(荻窪)9/16(甲府)10/27(府中)に開催予定。

指導者を目指す方もぜひどうぞ。

*ご希望の日付をクリックしてください。

 

*このブログは

 メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

 いち早く読みたい方は

 こちらより「会員登録(無料)」

 をお願いいたします。

 

整体ランキング

 

ぎっくりさんの必須アイテム。

仙骨枕とセラバンド。

これらの使い方と対処法をしっかり学べるのが腰痛解決講座です。

理論と実技をみっちり3時間で習得して、テキストと仙骨枕のオマケ付きで5,400円。

とても充実したお得な講座です!

0 コメント

2019年

6月

12日

ぎっくり腰で安静にすると・・・

「ギックリ腰で安静にすると回復が遅くなる」

 

という情報は、

背骨コンディショニング に関わっている我々には

今さらそんな記事を・・・?というくらいの常識ですが、

一般にはまだまだ知られていませんよね。

 

Forbes Japan のウェブ版で4/27に

そんな記事がアップされていました。

 

そこには、

「ベッドでじっとしていると(中略)・・・

腰を支える筋肉が衰えて痛みが起きやすくなります。

また血液の流れが悪くなって

「痛み物質」がとどまりやすくもなります。」

と説明されています。

 

確かに背骨コンディショニングでも

ギックリ腰で安静にすると回復は遅くなる

とは考えていますが、

その理由は上記とは異なります。

 

この記事は腰痛診療のガイドラインや

引用元の論文が紹介されていますが、

上記の理由の部分に関してだけは

その根拠となる引用元の論文が記されていません。

おそらく記者さんが他からの情報や

ご自身の考えを書いたものなのでしょう。

 

背骨コンディショニング的に解釈すると、

ギックリ腰のほとんどは

急に背骨が歪んだことが原因なので、

緩め体操や矯正の体操などで

背骨を正しい位置に戻す運動をした方が良い。

また動かした方が神経がゆるみ、

伝導が良くなるのでラクになる

と考えています。

 

実際に、

ギックリ腰の方も背骨を矯正すると

その場でかなり動けるようになります。

また靭帯の痛みが残る場合も

2~3日で楽になることがほとんどです。

 

矯正を受けられない場合も

筋トレ(の動き自体で痛みが出なければ)

や緩め体操をやると

その後は楽になることが多いのです。

 

できれば痛みの出ない普段から

筋トレ習慣をつけるのが一番だとは思います。

 

何より、歪ませない筋力をつけること!

暖かくなっていますので、

取り組みやすい季節になってきました。

 

お近くの教室や矯正に、ぜひご参加ください!

 

引用元:

「突然の激痛「ぎっくり腰」早く治すには?

 科学で検証された「最良」の方法」

https://forbesjapan.com/articles/detail/26913

 

*このブログは

 メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

 いち早く読みたい方は

 こちらより「会員登録(無料)」

 をお願いいたします。

 

整体ランキング

0 コメント

2017年

7月

05日

6/15 甲斐スポ道場 参加者のお声です

梅雨とは思えない晴天の中、たくさんの方にご参加いただきました。

ほんの10分程度のワンポイント矯正体験でしたが、体の変化を感じていただけたようです!

次回は7/15(土)に開催予定の「甲斐スポ道場」

http://kaispo.or.jp/

小学生のお子様・お孫様がいる方はぜひ一緒にお越しください。

子供はしっかり動いていただき、大人は背骨矯正で癒されましょう〜。

 

*** 感想より ***

【気になる不調:腰痛】→座った姿勢から立つのが楽になった

【気になる不調:腰の歪み】→体全体が軽くなったように感じました

【気になる不調:腰痛】→腰の痛みが少し良くなった。体が軽くなった。

【気になる不調:首〜背中のコリ・頭痛】→首がすんなり回るようになった。

【気になる不調:首〜腰痛】→血がサーッと流れる感じ。教えてもらった運動を自宅でも行いたいと思いました。

【気になる不調:首】→痛みが取れた。思っていたよりも体が歪んでいた事に気づけた。

【気になる不調:腰痛】→痛みがなくなった。

【気になる不調:腰痛・肩こり】→とても体が楽になりました。ありがとうございました。

【気になる不調:肩こりからの頭痛】→押された時の痛みがなくなった。教えてもらった運動を続けていきたいです。

【気になる不調:首・腰】→腰がずっとつまってる感じがして、毎日ストレッチしても治らなかったが、ほぐれて楽になった。

【気になる不調:腰痛】→体験後、腰が軽くなった。

【気になる不調:首こり・肩こり・腰痛】→首が軽くなった。最初押されて痛かった部分がやってもらった後痛くなくなってびっくりした。目もすっきりした。

【気になる不調:頭痛・肩こり】→首まわりがスッキリした。痛みがなくなった。

【気になる不調:首・腰】→腰がシャキッとした感じ。

【気になる不調:首が疲れる・背中が張る】→首・背中がとても楽になりました。

【気になる不調:ぎっくり腰】→すごく良かったです。まだ気になる体の部分があるのでまた見てもらいたいです。

【気になる不調:腰痛】→姿勢が正しくなった。立つのが楽になった。

0 コメント
会員登録キャンペーン
個別矯正のご予約
体操教室のご予約
お電話でのご予約は070-6600-0139
メールマガジンの登録
背骨コンディショニング協会

脊柱管狭窄症だけでなく、腰痛・猫背・足のしびれ…体操マニュアルの決定版。

13万部突破のベストセラー

Amazon・紀伊国屋など有名書店で1位を獲得!