やせる方法 〜基礎編5:食事量

5:食事量よりも間食を抑える


ご飯・パン・麺などの糖質を抑えるとやせやすいと言われますが、それ以上に甘いものを抑えた方が簡単にやせます。

甘いものはすぐに消費しなければ、すぐに脂肪に変わります。

同じエネルギーなら、甘くない食事をしっかり摂った方が腹持ちもよく、脂肪になりにくいのです。


間食は全くしていない、という方は食事の内容に工夫が必要です。

1:全体的なボリューム ~本当にそれだけ必要なのか?

2:糖質に偏っていないか? ~たんぱく質・食物繊維は十分か?

3:早食いをしていないか? ~ゆっくり食べると満腹感が増します。


さらに効果の上がりやすいテクニックなどもいろいろと

取りざたされていますが、これらを意識した食事がしっかりできれば

まず大抵の人はやせます。


最低限ここがクリアできている場合には、次のステップとして

自分の基礎代謝量と1日の消費エネルギーはどれくらいか?

自分の食事量はどれくらいか?

をチェックできるといいですね。


こうした事を知らずに、

感覚だけで自分や家族の食事を作っていて、

1食80kcal多く取り続けると1年で約10kg増える計算。。。

恐ろしい事です。


具体的にどんな方法で?という辺りは

今後詳しく説明してゆきましょう!

 

この内容はメールマガジン「やせる秘密」(無料配信)でも詳しく説明してゆきます。
どうぞご登録ください!

*登録無料。矯正の予約をしなくてもご登録いただけます。

→ こちらからどうぞ

→ 読んだらクリックお願いします!

*過去の記事を差し替えいたしました*

会員登録キャンペーン
個別矯正のご予約
体操教室のご予約
お電話でのご予約は070-6600-0139
メールマガジンの登録
背骨コンディショニング協会

脊柱管狭窄症だけでなく、腰痛・猫背・足のしびれ…体操マニュアルの決定版。

13万部突破のベストセラー

Amazon・紀伊国屋など有名書店で1位を獲得!