ぎっくり腰で安静にすると・・・

「ギックリ腰で安静にすると回復が遅くなる」

 

という情報は、

背骨コンディショニング に関わっている我々には

今さらそんな記事を・・・?というくらいの常識ですが、

一般にはまだまだ知られていませんよね。

 

Forbes Japan のウェブ版で4/27に

そんな記事がアップされていました。

 

そこには、

「ベッドでじっとしていると(中略)・・・

腰を支える筋肉が衰えて痛みが起きやすくなります。

また血液の流れが悪くなって

「痛み物質」がとどまりやすくもなります。」

と説明されています。

 

確かに背骨コンディショニングでも

ギックリ腰で安静にすると回復は遅くなる

とは考えていますが、

その理由は上記とは異なります。

 

この記事は腰痛診療のガイドラインや

引用元の論文が紹介されていますが、

上記の理由の部分に関してだけは

その根拠となる引用元の論文が記されていません。

おそらく記者さんが他からの情報や

ご自身の考えを書いたものなのでしょう。

 

背骨コンディショニング的に解釈すると、

ギックリ腰のほとんどは

急に背骨が歪んだことが原因なので、

緩め体操や矯正の体操などで

背骨を正しい位置に戻す運動をした方が良い。

また動かした方が神経がゆるみ、

伝導が良くなるのでラクになる

と考えています。

 

実際に、

ギックリ腰の方も背骨を矯正すると

その場でかなり動けるようになります。

また靭帯の痛みが残る場合も

2~3日で楽になることがほとんどです。

 

矯正を受けられない場合も

筋トレ(の動き自体で痛みが出なければ)

や緩め体操をやると

その後は楽になることが多いのです。

 

できれば痛みの出ない普段から

筋トレ習慣をつけるのが一番だとは思います。

 

何より、歪ませない筋力をつけること!

暖かくなっていますので、

取り組みやすい季節になってきました。

 

お近くの教室や矯正に、ぜひご参加ください!

 

引用元:

「突然の激痛「ぎっくり腰」早く治すには?

 科学で検証された「最良」の方法」

https://forbesjapan.com/articles/detail/26913

 

*このブログは

 メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

 いち早く読みたい方は

 こちらより「会員登録(無料)」

 をお願いいたします。

 

整体ランキング

会員登録キャンペーン
個別矯正のご予約
体操教室のご予約
お電話でのご予約は070-6600-0139
メールマガジンの登録
背骨コンディショニング協会

脊柱管狭窄症だけでなく、腰痛・猫背・足のしびれ…体操マニュアルの決定版。

13万部突破のベストセラー

Amazon・紀伊国屋など有名書店で1位を獲得!