正しい運動を教えてください

秋と言えば・・・

食欲の秋!

そう、何でも美味しくてつい食べ過ぎますよね・・・

じゃなくて(笑)

 

やっぱりココではスポーツの秋でしょう。

ラグビーのW杯も大変な盛り上がりを見せ、

プロ野球のペナントレースも佳境を迎えています!

いつでも誰にでも「正しい」運動は、ない

体操教室をやっていると

「正しい」運動を教えて、とよく聞かれます。

 

おそらく

「正しい」型があってその通りに行うことが

最も大切で効果的!という

イメージをお持ちなのでしょう。

 

しかし運動に関して言うと

何が「正しい」かは

その時の身体の状態と

目指すところ

によって変わります。

 

考えてみれば

長年マラソンなど身体を動かしてきた人と

40~50年何もしてこなかったカチカチの人

これからもゴルフやテニスを続けたい人と

とにかく普通に歩けるようになりたいと言う人

同じ運動が適切なはずがありません。

 

もちろん基本の考え方や

トレーニング原則はあります。

しかし体調や骨の歪み、

関節や神経の硬さなどは

朝と夜で違うくらいですから

運動もコレ!と決めつけすぎず

身体の状態と目指すところによって

柔軟に変えるべきだと思います。

「足回し」でも身体の状況によってベストな方法は違う

例えば足回しなら、

仙腸関節をゆるめることが目的。

その方向がブレていなければ良いので、

腰を反らせると痛くて固い感じがする場合には

クッションをお腹に入れる方法で行うと楽でしょうし

股関節の調子がいまいちという時には

両足カエル足で縦に糸巻きする方法で

より股関節に効かせたり

とアレンジするのもいいでしょう。

 

筋力トレーニングなら

ターゲットの筋肉を疲労困憊させることで

初めて速筋線維が動員され、強く太くなります。

 

10回3セットやって、

まだ疲労感がさほどでもない、という場合には

1~2セット追加で行なっても構いません。

軽い負荷でも筋トレ効果が出るかも?!

ちょっと横道にそれますが・・・

新たなエビデンスでは

筋肥大するかどうかは

1週間の総負荷量の影響が一番大きい

というデータも出ています。

 

「総負荷量」と言うのは

持ち上げる重量×回数のこと。

例えばバックキック10kgで10回×2セットなら

総負荷量は、10kg×10×2=200kg

重量を半分にして回数を倍に、4セット行うと、

5kg×20回×4セット=400kg

と総負荷量が上がるので、

重量が半分でも効果は高まる可能性があります。

 

どうしても重い負荷でやると腰が痛い

と言う場合には

「疲労困憊までやる」と言う条件付きですが

背骨コンディショニングで

普段お勧めしている方法とは少し変えて

軽めに、数を多めのトレーニングでも

もしかすると効果が期待できるかもしれません。

アドバイスを受けながら柔軟に運動を選びましょう

話が極端な例になりましたが

身体のことはまだまだ謎がいっぱいで

人によって違うことも多いので

そもそも何が「正しい」のかさえも

分からないことが多いもの。

 

目指すところを向きながら

今の身体にとってベストな

体操のレシピを探すつもりで

柔軟に取り組んでいってください。

 

迷った時にはアドバイスします。

いつでもご相談ください!

ちなみに先月より

LINE アカウントを開設しました。

 

 不安な時、気軽に疑問やご質問ができたり

トレーニングを忘れている時に

ハッと思い出すキッカケになったり

そんなツールになれればいいな、と思っています。

 

ご登録をお待ちしております! 

 

参考:

STRENGTH AND HYPERTROPHY ADAPTATIONS BETWEEN LOW- VS. HIGH-LOAD RESISTANCE TRAINING:ASYSTEMATIC REVIEW AND META-ANALYSIS

2017, BRAD J. SCHOENFELD, 他

 

*このブログは

メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

いち早く読みたい方は

こちらより「会員登録(無料)」

をお願いいたします。

また会員登録をされると、

矯正のご予約がWEB上で可能になる他、

前日にリマインドメールが届き便利です。

 

LINEにご登録(無料)いただければ、

ブログの更新情報をいち早くお知らせいたします!

友だち追加

↑スマホの方はこちらをタップ

またはQRコードを読み込んでください。

うまく登録できない時には

@964xrszw

にて検索をお願いします。

 


整体ランキング

会員登録キャンペーン
個別矯正のご予約
体操教室のご予約
お電話でのご予約は070-6600-0139
メールマガジンの登録
背骨コンディショニング協会

脊柱管狭窄症だけでなく、腰痛・猫背・足のしびれ…体操マニュアルの決定版。

13万部突破のベストセラー

Amazon・紀伊国屋など有名書店で1位を獲得!