神経細胞の成長を助ける運動

家に閉じこもり過ぎず「歩く」だけでも様々な効果が。

「外出しづらい」

そんな雰囲気が漂っていますね。

 

ジムもお休みになってしまい

家にこもりがちで

運動量が減っていませんか?

 

歩くだけでも

心拍数を上げることができ

有酸素運動の効果が期待できます。

 

有酸素運動は

血流を増やし

身体の末端までエネルギーを行き渡らせます。

 

血圧

中性脂肪

血糖値の改善など

様々な効果が期待できるだけではありません。

有酸素運動は神経細胞の成長を助ける

歩くなど有酸素運動は

脳の血流も良くなり、

さらに

脳由来神経栄養因子

(BDNF)と言って

神経細胞の成長を

助けるタンパク質が

増えることがわかっています。

 

例え脳の問題がなくても

身体の痛みやしびれ

神経の伝導異常に

悩まされている方にとっても

役に立ちそうな気がしますね!

 

ポイントは

少しだけ

ハアハアゼイゼイ

するような運動を行うこと。

 

たくさん歩いても

全く呼吸が乱れないようでは

あまり効果が期待できません。

神経細胞の成長を促す具体的な歩き方とは

実は先日

パーキンソン病の

お客様がいらしたので

改めて治療ガイドラインを調べていました。

 

この病気は中脳の

黒質ドパミン神経細胞が

減少して起こると言われています。

 

そんな病気がある方でも

有酸素運動を行うと

血中のBDNF量がアップするのです。

 

その研究は

ランニングマシンで

心拍数が60%以上の速さで

1回30分を週5回

4週間続けた結果とのこと。

 

心拍数60%とは、

普通なら少し早歩き程度。

 

軽くハアハアするけれど

普通に会話ができる

ギリギリのスピード

といったところでしょうか。

パーキンソン病の評価スケールも改善

さらにこの研究では

UPDRSという

パーキンソン病の評価スケールも

改善されていました。

 

適度な運動は

免疫力をアップする働きも期待できます。

むやみに出歩くのも考えものですが

過度に敏感になり過ぎて

抵抗力がなくなってしまっては本末転倒。

 

そろそろ東京は桜も咲き始めています。

ぜひ外へ出てウォーキング

いかがでしょうか!

 

お花見ガイドはこちら

https://hanami.walkerplus.com/ranking/

 

参考文献:

『脳を鍛えるには運動しかない』2008. Johm J. Retey, M.D. and Eric Hagerman

Intensive Rehabilitation Increase BDNF Serum Levels in Parkinsonian Patients: A Randomized Study ,2014, Giuseppe Frazzitta, 他

パーキンソン病診療ガイドライン2018, 監修:日本神経学会

*このブログは

メルマガ「やせる秘密」の先月号を転載しています。

いち早く読みたい方は

こちらより「会員登録(無料)」

をお願いいたします。

また会員登録をされると、

矯正のご予約がWEB上で可能になる他、

前日にリマインドメールが届き便利です。

 

LINEにご登録(無料)いただければ、

ブログの更新情報をいち早くお知らせいたします!

友だち追加

↑スマホの方はこちらをタップ

またはQRコードを読み込んでください。

*トップの画像はpianoman555さんによる写真ACからの写真をお借りしました。
会員登録キャンペーン
個別矯正のご予約
体操教室のご予約
お電話でのご予約は070-6600-0139
メールマガジンの登録
背骨コンディショニング協会

脊柱管狭窄症だけでなく、腰痛・猫背・足のしびれ…体操マニュアルの決定版。

13万部突破のベストセラー

Amazon・紀伊国屋など有名書店で1位を獲得!