やせる方法 〜基礎編1:使うエネルギー量>口に入れるエネルギー量

1: 使うエネルギー量 > 口に入れるエネルギー量

 

いろいろ言っても、結局はこれに尽きます。

これしかない、とも言えます。

いかに楽してこの状態にもってゆこうかと、知恵をしぼっている訳ですね。

 

*やせる食品*

口に入れるエネルギー量を減らしつつ、満腹感を増大させるモノです。

ダイエット食品は、その辺りを理解しつつうまく利用したいものです。

脂肪の吸収を抑える、とか言う商品も出回っていますが・・・ 

効果があるように見せかけるデータはいくらでも作れますし、

一体何kcal分の吸収を抑えてくれるの?

という辺りもはっきりしません。

「食べなかった事」にするのは無理と思っておくべきでしょう。

 

エネルギー消費量を増大させる、

かのようなキャッチコピーで売られているサプリメントもあります。

しかし大抵は、よく動けるようになるためのモノと見て間違いありません。

よく動ける→たくさんエネルギーを消費する→やせる という訳です。

サプリメントの分だけ摂取エネルギー↑なんて事のないように、ご用心!

 

*やせる運動*

××の運動をするとやせる!というのもありますが・・・

今まで運動していなかった人が動けば、その分エネルギーを消費するのでやせます。

それが例えどんな運動だとしても・・・。

 

テレビで紹介されるような運動は、

・誰でもできる運動に限られる

・何となくインパクトのあるものに限られる

点で、本当に今の自分の運動レベルに合っているかどうかは分かりません。

 

我々パーソナルトレーナーは、

個人の運動レベルや経験や、いつまでにどの位、どんな体を目指して・・・

など、希望に合わせてベストと思われる運動をオススメしていきます。

効率よく消費エネルギーを増やすテクニックをジムで指導している訳です。

 

体というものはよくできていて、

 

「使うエネルギー量 > 口に入れるエネルギー量」

 

の差が大きすぎると、体が危機反応を示し

できるだけ「使うエネルギー量」を抑えようとします。

 

この危機反応を最小限に抑えるためのテクニックは

メールマガジン「やせる秘密」(無料配信)にて詳しく説明してゆきます。

どうぞご登録ください!

 *「個別矯正のご予約」から、会員登録してください。

 矯正の予約をする、しないに関わらずご登録いただけます。

↑ブログランキングに登録しています。

1クリックにご協力お願いいたします!

会員登録キャンペーン
個別矯正のご予約
体操教室のご予約
お電話でのご予約は070-6600-0139
メールマガジンの登録
背骨コンディショニング協会

脊柱管狭窄症だけでなく、腰痛・猫背・足のしびれ…体操マニュアルの決定版。

13万部突破のベストセラー

Amazon・紀伊国屋など有名書店で1位を獲得!