心拍数 〜ヨガはやせるか?

心拍数(しんぱくすう、英語 heart rate)は、一定の時間内に心臓が拍動する回数をいう。

通常は1分間の拍動の数(bpm、beats per minute)をいう。

心臓が血液を送り出すさいに、動脈に脈拍が生じるので、この回数を数えると

脈拍数(みゃくはくすう)あるいは単に脈拍と呼ぶ。

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

運動・やせる、という観点からこの心拍数を見てみましょう。

体を動かすと、筋肉はまず酸素が必要になります。

そこで、早く新鮮な血を送れ!と脳に指令がゆきます。

そして脳から心臓を速く動かすよう指令が出され、心拍数が上がる。

血液は肺で酸素を取り込み、それが体中に送り込まれるのです。

つまり心拍数が上がっている時には、より多くの酸素が必要とされています。

脂質・糖質がエネルギーとして使われるには酸素が必要ですから

より多くの酸素が必要→より多くの脂質をエネルギーに変えようとしているとの図式が成り立ちます。

つまりやせる運動かどうか、の基準として「心拍数」が利用できるのです。


ヨガはやせますか?と聞かれる事があります。


古代インドの神秘が働き、身体の可能性を極限まで引き出す素晴らしい効果が・・・

ありそうな気がしないでもないですが(笑)

多分あまり心臓ドキドキしないはずなので、同じ時間ウォーキングした方がやせます。

イメージと宣伝文句にだまされませんように・・・。


この内容はメールマガジン「やせる秘密」(無料配信)でも詳しく説明してゆきます。

どうぞご登録ください!

*登録無料。矯正の予約をしなくてもご登録いただけます。

→ こちらからどうぞ



↑ 読んだらクリックお願いします。

会員登録キャンペーン
個別矯正のご予約
体操教室のご予約
お電話でのご予約は070-6600-0139
メールマガジンの登録
背骨コンディショニング協会

脊柱管狭窄症だけでなく、腰痛・猫背・足のしびれ…体操マニュアルの決定版。

13万部突破のベストセラー

Amazon・紀伊国屋など有名書店で1位を獲得!