時給780円→年間3,000人の指導を行う事になったキッカケ 「背骨コンディショニング養成講座」

私は大学卒業後、日本最大手のスポーツクラブで働き始め、

運動指導の基本を学びました。

 

そこでは、

腰痛・肩こりの原因の一つとして姿勢の悪さがあると教わりました。

腰は反ってはいけない、反ると負担がかかる。

腹筋や体を丸めるストレッチを中心に指導しなさい、との事。

 

当時は多かった、ヘルニアと診断された人、

またすべり症、脊柱管狭窄症などと

病名がついたお客様に対しての運動指導は、

しっかりしたガイドラインがなく、

ほぼインストラクター任せでした。

 

病気の人に指導して、万が一悪くなったらどうしよう?

腰にいいと教わった運動をお勧めしてよいかどうかもわからない。

指導には自信が持てず、不安に感じながら、

できれば調子の悪い人は来てほしくないと思っていました。

 

これが当時日本で最大手のスポーツクラブに勤めるインストラクターの実態でした。

もしかすると、今でもそうなのかもしれませんが・・・。

もちろん全てのインストラクターが同じというつもりはありませんが、

マシンやダンベルの「使い方」の指導と

健康な人が、さらに健康になるための体作りの指導はとても上手ですが

調子の悪い人、痛みのある人、

特に病気の診断を受けた人に対しての運動処方と指導が、

しっかり行える指導者は、とても少数でした。

 

どんどん腰が丸くなってきていて、腰が痛いという方に対し、

教えられる腰痛体操は

腰や背中を丸めるストレッチや腹筋運動。

どこかに疑問を感じながらも、マニュアル以外の運動を勧めて、

万が一悪くなったら、と考えると何もできません。

 

それが背骨コンディショニングに出会い、180度別の事を教わります。

腰が痛い人には、腰を反る運動が必要。

首が悪い人には、首を反る運動が必要。

何だこれは?

今までと正反対では・・・

 

運動指導者が誰でも知っている事

「ルーの三原則」

使いすぎると衰える

使わなすぎると衰える

適度に使うと発達する

 

確かに、

腰や首を反らなければ、どんどん反れなくなるのは当たり前。

動かさなければどんどん硬くなるのは当たり前。

大切なのは無理をしないで、「適度に」行うよう見極める事。

この当たり前の事を、当たり前に行うのが

「背骨コンディショニング」なのでした。

 

実際に指導を変えてみて、びっくりしました。

お客様にお会いするたびに姿勢がよくなります。

腰の痛みや足の痺れが楽になってきたと、

歩くのが楽になってきたと言うのです。

聞けば狭窄症と診断されている人で、すべり症もあると言います。

 

これまで病院でリハビリをしていなかったのか、と聞きますと

湿布や痛み止め、牽引、電気治療など、様々な事を試しておられます。

しかし運動は、というと、

毎日やっても疲労が残らないくらい強度の低い筋トレのみです。

または歩けと言われた人もいらっしゃいましたが、

歩くのは心臓や血管が衰えないようにする運動であって、

骨が歪まないようにするための筋力を鍛える運動ではありません。

これでは「骨が歪まないようにするための」筋力が

強くなるはずがないのです。

 

整体やハリに通っていた人もたくさんいらっしゃいますが、

いくら人にお願いしても、本来の関節の動きを取り戻したり、

筋力を強くする事ができるはずはありません。

 

知れば知るほど、腰痛・坐骨神経痛や脊柱管狭窄症の人に対しては、

病院で行う手術や治療でさえも、根本治療になっていない事がわかってきました。

 

やはりここでも、当たり前の事が当たり前にできていないのです。

 

我々の指導は、70歳を超える方、できると判断した場合には80代・90代の方にも

「先生、つらいです」と言わせてしまうほどの

しっかり「効果が出る」筋力トレーニングをお勧めしますし、その結果

「つらいけど、こういうトレーニングが私には必要で、やるほど良くなるのがわかります」

という言葉をいただきます。

 

そして、ある日、自分の使命に気づきました。

 

本当に身体を整えたいのであれば、

背骨の歪みを正し、

正しい位置で保つ筋力をつける事

 

身体や病気の知識に加え、

運動指導の知識と技術も必要になる。

 

それに一番近い位置にいるのは

実は病院の先生ではなく、整体やマッサージでもなく、

我々背骨コンディショニングのインストラクターではないだろうか?

 

気づけば、時給780円でスタートした私の運動指導のキャリアは

年間3,000人以上の方の体づくりのサポートをさせていただける位には、

皆様に貢献できるものとなっておりました。

 

しかし、まだまだこの情報が届いていない、

この情報をお届けしなければならない方たちがたくさんいらっしゃいます。

ラジオ体操以上に、多くの人に知ってほしいと心から願っていますが、

到底一人では成し得ません。

 

現在は背骨コンディショニング協会の多くの仲間と共に

さらに多くの、真の愛を持って接する事ができる指導者を増やすため、

普及活動を地道に続けております。

 

少しでも多くの方が、背骨コンディショニングの指導者として

まずは最初の一歩を踏み出していただく事を心から願い、応援しています。

 

 

*背骨コンディショニングのインストラクター講座のカリキュラムが一新され、ライセンス取得後、すぐに活動が始められるよう、より実践的に変わります。*

 

新カリキュラムのインストラクター講座に加え、

個別指導の技術が凝縮されたパーソナルトレーナー講座までを

9ヶ月かけてじっくりマスターする、一気通貫コースを

7月より開催いたします!

 

受講条件は、それまでに「腰痛解決講座」を受講しておく事。

「腰痛解決講座」は全国で開催されておりますが、

6/6、6/20の講座の後には、一気通貫コースの無料説明会がございます。

 

お申込はこちら

 

通常のインストラクター講座、パーソナル講座との違いは、

・新規受講と再受講の受講生が程よく混じり、

 再受講生から経験談やノウハウが豊富に吸収できる

・やる気のあるメンバーだけで9ヶ月講座を行うため、

 ライセンス取得後も気軽に相談しあえる、

 かけがえのない「つながり」ができる

・フォロー講座と理事長の貴重な特別マインド編が無料で受けられる

 

また受講生は体操教室や個別の背骨矯正の現場を見学でき、

様々な症状でお悩みの方たちが、

本当は何が原因で苦しんでいるのか?

その原因を取り除くには、どのような体操が必要でどのような矯正を行い、

どのような過程を経て良くなってゆくのか?

お客様は一体なぜ、自ら進んで辛い筋力トレーニングに取り組みはじめるのか?

などなど、現場でしか体験できない事も、気軽に接する機会を作る事ができます。

 

私にできる事は限られているかもしれませんが、

少しでも多くの体の不調でお悩みの方へ

本当に効果的な方法をお伝えできるよう、

誠心誠意、皆様の学びをサポートさせていただくつもりです。

 

ラジオ体操以上に多くの方へ、

背骨コンディショニングを広めるため

たくさんの皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

 

お申込みはこちら

会員登録キャンペーン
個別矯正のご予約
体操教室のご予約
お電話でのご予約は070-6600-0139
メールマガジンの登録
背骨コンディショニング協会

脊柱管狭窄症だけでなく、腰痛・猫背・足のしびれ…体操マニュアルの決定版。

13万部突破のベストセラー

Amazon・紀伊国屋など有名書店で1位を獲得!